メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアムについて

メタンハイドレート

平成13年に発表された「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」を実現するため、平成13年度、官民学共同のメタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(通称:MH21)が組織されました。

「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」は3段階のフェーズに分かれており、フェーズ1(平成13~20年度)では、東部南海トラフ海域において地震探査・試掘などを実施し、相当量のメタンハイドレートの賦存を確認しました。

フェーズ2(平成21~27年度)では、海底面下のメタンハイドレートをメタンガスとして取り出す技術の開発を目指し、平成25年3月に海洋における初のガス生産実験を実施しました(上写真)。

平成28年度より開始しましたフェーズ3では、2回目の海洋におけるガス生産実験を行うなど、将来の商業化(注)の実現に向けた技術の整備を目標としています。 
注:平成30年代後半に民間企業を主体とする商業化のためのプロジェクトが開始されることを想定。

本ホームページは、メタンハイドレートの基礎的なことからMH21の成果など、メタンハイドレート開発に関わることについてご紹介しています。

お知らせ

フェーズ3実行計画を掲載しました New!!

詳細は以下をご覧ください。

フェーズ3実行計画

参考「第31回開発実施検討会 資料6 フェーズ3実行計画案について」


メタンハイドレートフォーラム2015 配布資料を掲載しました

資料はこちらから


“Marine and Petroleum Geology”「メタンハイドレート特集号」のご案内

雑誌”Marine and Petroleum Geology”の「メタンハイドレート特集号」(Volume 66, Part 2) が発行されました。 http://www.sciencedirect.com/science/journal/02648172/66/part/P2

なお、下記2つの論文はオープンアクセスとなっております。

 Overview and introduction: Pressure core-sampling and analyses in the 2012–2013 MH21 offshore test of gas production from methane hydrates in the eastern Nankai Trough
Koji Yamamoto
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264817215000562

 Geological setting and characterization of a methane hydrate reservoir distributed at the first offshore production test site on the Daini–Atsumi Κnoll in the  Eastern Nankai Trough, Japan
Tetsuya Fujii, Kiyofumi Suzuki, Tokujiro Takayama, Machiko Tamaki, Yuhei Komatsu, Yoshihiro Konno, Jun Yoneda, Koji Yamamoto, Jiro Nagao
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264817215000690


 

資料

開発実施検討会配布資料
フェーズ1総括成果報告書
成果報告会資料
その他

What's new !

サーバーメンテナンスのお知らせ(8月24日0:00~8:00)
第2回メタンハイドレート海洋産出試験の事前掘削作業終了について
第2回メタンハイドレート海洋産出試験の事前掘削作業開始について