メタンハイドレート資源開発国際シンポジウム 資料

成果報告会インデックス
平成22年11月17日(水)
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟
3F 311会議室

日本語セッション開会挨拶 増田昌敬(MH21プロジェクトリーダー) 10:00-10:10
メタンハイドレートとは何か
成田英夫(AIST)
  1. 日本のエネルギー情勢
  2. -日本でどれだけ資源をつかっているか-

  3. メタンハイドレートの結晶構造と性質
  4. -メタンハイドレートとはどんな物質?-

  5. 開発のために必要な室内試験
  6. -メタンハイドレートの性質をどうやって調べる?-

  7. 生産手法とエネルギー効率
  8. -メタンハイドレートからメタンガスを効率よく生産する方法-

  9. メタンハイドレートの性質を利用した新しい産業の開拓

質疑応答10分

10:10-11:10
メタンハイドレートの探鉱手法
島田忠明(JOGMEC)
  1. メタンハイドレートはどこにあるのか
  2. -永久凍土と深海-

  3. 濃集帯の見つけ方
  4. -地震探鉱における4つの指標-

  5. 東部南海トラフ以外にメタンハイドレートの賦存は期待できるか
  6. -新たな知見に基づくBSRの分布-

質疑応答15分

11:10-12:10
昼食
12:10-13:30
メタンハイドレートの開発方法

山本晃司(JOGMEC)
  1. メタンハイドレートと他の資源との違い
  2. -在来型の石油・天然ガスとの違い、石炭や鉱物資源との違い-

  3. どうして分解採収法なのか
  4. -坑道掘削や露天掘りはなぜしない?-

  5. 減圧法による生産と将来
  6. -なぜ生産できる?、何が限界?、カナダでどうだった?-

  7. 深海の資源をどうやって生産するのか
  8. -石油や天然ガスはどうしているのか-

質疑応答30分

13:30-15:00
コーヒーブレイク
15:00-15:30
メタンハイドレート開発による環境への影響
長久保定雄(JOGMEC)
  1. メタンハイドレート開発は環境に大きな影響を与えるのか?
  2. -時間と空間の認識から始めよう-

  3. メタンハイドレート開発にはどのような環境リスクが潜んでいるのか?
  4. -リスク評価法の紹介-

  5. どのように環境影響評価を行っていくのか?
  6. -MH21で考えている環境影響評価手法-

質疑応答30分

15:30-16:30
日本語セッションまとめ 増田昌敬(MH21プロジェクトリーダー) 16:30-16:40