環境関係

  • 安部裕一 (2008): メタンハイドレートと地球環境, 海洋と生物, 30(4), 531-536.
  • 荒田直・斉数恊 (2008): メタンハイドレート資源開発を対象とした環境影響評価にかかわる研究概要, 海洋と生物, 30(4), 437-443.
  • 荒田 直・鋤崎 俊二・傳田 篤・粟島 裕治・岡田 陽(2009): 「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」における環境影響評価にかかわる研究開発のフェーズ1 の成果概要, 石油技術協会誌, 74(4), 350-359.
  • Arata, N., Sukizaki, S., Awashima, Y., Ogisako, E. and Okada, Y. (2008): Overview of R&D about Environmental Impact Assessment on Methane Hydrate Exploitation Program in Japan, Proceedings of OCEANS’08 MTS/IEEE QUEBEC.
  • 粟島裕治・上田聡 (2008):メタンハイドレート生産時の環境影響評価のためのモニタリングシステムの開発, 海洋と生物, 30(4), 489-497.
  • Awashima, Y., Saito, H., Hoaki, T., Sawada, S., Fukasawa, T., Sukizaki, S., Ishihara, Y. Kano, K. and Arata, N.(2008): Development of Monitoring System on Methane Hydrate Production, Proceedings of OCEANS ’08 MTS/IEEE KOBE-TECHNO-OCEAN ’08.
  • 粟島裕治・田崎哲也・上田聡 (2008): 総合モニタリングシステム①-メタンハイドレート開発における総合モニタリングの概要-, 月刊『海洋』 メタンハイドレート資源開発研究 ‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 74-81.
  • 藤田和男・寺崎太二郎(2001): ガスハイドレート(Ⅰ)ガスハイドレート序論, 日本エネルギー学会誌, 80(8), 765-777.
  • 深澤強・桶谷能史・ミシェル マッソン・イェンス グローネェマン・原保則・林光浩・嘉納康二 (2008): ガス漏洩モニタリング(直接検出法:改良型METSセンサー) -改良型METSセンサーによる溶存メタン濃度測定技術-, 月刊『海洋』 メタンハイドレート資源開発研究 ‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 89-98.
  • Fukasawa, T., Oketani T., M. Masson, J. Gronemann, Hara, Y. and Hayashi M. (2008): Optimized METS Sensor for Methane Leakage Monitoring in Methane Hydrate Production, Proceedings of OCEANS ’08 MTS/IEEE KOBE-TECHNO-OCEAN ’08.
  • 帆秋利洋・福場辰洋・藤井輝夫・布施博之 (2008): 海底表層でのバイオマーカーを利用したメタン漏洩検知技術の開発, 海洋と生物, 30(4), 505-515.
  • 帆秋利洋・沖田紀子・布施博之・福場辰洋・藤井輝夫・鋤崎俊二 (2008): ガス漏洩モニタリング(間接検出法:バイオマーカー利用モニタリング) -遺伝子マーカーによるメタン漏洩域の原位置検出技術の開発-, 月刊『海洋』 メタンハイドレート資源開発研究 ‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 106-116.
  • Hyodo, M., Nakata, Y., Yoshimoto, N. and Ebinuma, T. (2005): Basic research on the mechanical behavior of methane hydrate-sediments mixture, Soils and Foundations, 45(1), 75-86.
  • 石原靖文・矢部いつか (2008): メタンハイドレート分解生成水放出影響予測モデルの開発, 海洋と生物, 30(4), 467-473.
  • Ishihara, Y., Yabe, I. and Asano, K. (2008): Prediction of impacts of discharged dissociated water in methane hydrate on environment, Proceedings of OCEANS’08 MTS/IEEE QUEBEC.
  • 亀岡裕行・岡部直司・荻迫栄治 (2008): 地層変形予測プログラムの開発, 海洋と生物, 30(4), 483-488.
  • 嘉納康二・荒田直 (2008): メタンハイドレート資源開発における環境影響評価モニタリング技術開発について, 月刊『海洋』 メタンハイドレート資源開発研究 ‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 67-73.
  • Katayama, M., Yoshida, K., Fuse, H., Fukuba, T., Fujii, T., Okita, N., Sukizaki, S. and Hoaki T.(2008): DNA markers associated with methane leakage from gas hydrates in the deep sea, Proceedings of OCEANS ’08 MTS/IEEE KOBE-TECHNO-OCEAN ’08.
  • Kurihara M., Sato A., Ouchi H., Narita H., Masuda Y., Saeki T. and Fujii T. (2008): Prediction of Gas Productivity from Eastern Nankai Trough Methane-Hydrate Reservoirs, Proceedings of the 2008 Offshore Technology Conference, OTC19382.
  • Nakamura, T., Hoaki T., Hanada, S., Maruyama, A., Kamagata, Y. and Fuse, H. (2007): Soluble and particulate methane monooxygenase gene clusters in the marine methonotorph Methylomicrobium sp, strain NI, FEMS Microbial letters 277,157-164.
  • 中田喜三郎・プージタ ヤパ・ラリス ダサナヤカ・鋤崎俊二 (2008): 深海域から漏洩したメタンガスの挙動予測モデルの開発, 海洋と生物, 30(4), 453-466.
  • 西尾伸也・荻迫栄治・傳田 篤 (2009): 東部南海トラフ海底地盤から採取したコア試料の地盤工学的性質, 地学雑誌, 118(5), 955-968.
  • Nishio, S., Abe, T., Ogiskao, E. and Denda, A. (2007): Geotechnical Properties of Soil Samples Obtained from Seabed Ground in Deep Sea, Proc. of the 2nd International Workshop on Gas Hydrate Studies and Other Related Topics – for the Future Energy and Environment Considerations.
  • 荻迫栄治・西尾伸也・傳田篤 (2008):東部南海トラフの海底地盤物性と構成式の構築, 海洋と生物, 30(4), 474-482.
  • Ogisako, E., Nishio, S., Denda, A., Oka, F. and Kimoto, S.(2007): Simulation of Triaxial Compression Tests on Soil Samples Obtained from Seabed Ground in Deep Sea by Elasto-viscoplastic Constitutive Equation, Proceedings of The Seventh (2007) ISOPE Ocean Mining Symposium, 63-68.
  • 岡田陽 (2008): メタンハイドレート開発における安全管理と環境管理, 海洋と生物, 30(4), 525-530.
  • 桶谷能史・深澤強・田中一宏・嘉納 康二 (2008): ガス漏洩モニタリング(直接検出法:集水型モニタリングシステム)-膜および赤外レーザーを用いた溶存メタン濃度測定技術-, 月刊『海洋』メタンハイドレート資源開発研究‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 99-105.
  • 澤田信一・深澤強・桶谷能史 (2008): 海底から海水中へのメタン漏洩を検知するためのセンシング技術の開発, 海洋と生物, 30(4), 498-504.
  • 澤田信一・田中浩一郎・倉田孝男(2008): ガス漏洩モニタリング(広域検出法:超音波センサー, レーザーレーダー)-水中での超音波利用メタン気泡検出技術と海上での吸光特性利用メタンガス検出技術-, 月刊『海洋』メタンハイドレート資源開発研究‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 117-123.
  • Securities and Exchange Commission (2008): Proposed Rule, Modernization of the oil and gas reporting regulations, Nos.33-8935; 34-58030; File No. S7-15-08, June 26,2008
    http://www.sec.gov/rules/proposed/2008/33-8935.pdf
  • 石油公団・石油資源開発株式会社・帝国石油株式会社・東京ガス株式会社・大阪ガス株式会社・日本海洋掘削株式会社・株式会社テルナイト・電源開発株式会社・AOCエネルギー開発株式会社・インドネシア石油株式会社・東邦ガス株式会社 (2000): メタンハイドレート開発技術総括報告書, 石油公団石油開発技術センター.
  • 鋤崎俊二・石原靖文・中田喜三郎 (2008): 東部南海トラフの海域環境と環境影響評価手法, 海洋と生物, 30(4), 444-452.
  • 鋤崎俊二・石原靖文・中田喜三郎・プージタ ヤパ (2008): 漏洩メタンとメタンハイドレート分解生成水の水中での拡散予測モデルの開発, 月刊『海洋』メタンハイドレート資源開発研究‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 136-145.
  • Sukizaki, S., Suzuki, S., Arata, N., and Nakata, K.(2008): Research Activities by the Marine Environment Survey and Assessment group in the Research Consortium for Methane Hydrate Resources (MH21 project) in Japan, Proceedings of UMI2008 in Mississippi.
  • 徳永三伍・白崎勇一・粟島裕治 (2008): 総合モニタリングシステム② -総合モニタリングの設置・回収・保守技術の開発-, 月刊『海洋』メタンハイドレート資源開発研究‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 82-88.
  • 徳山英一 (2008): 21世紀の資源:燃える氷 メタンハイドレート, 月刊『海洋』メタンハイドレート資源開発研究‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 65.
  • 山本晃司・長久保定雄(2009): 東部南海トラフのメタンハイドレート開発と環境リスク, 月刊地球, 31(9), 476-485.
  • 山本晃司・長久保定雄(2009): 東部南海トラフに胚胎するメタンハイドレート濃集帯の開発と環境リスク, 日本地球惑星科学連合2009年大会予稿集, G125-004.
  • Yamamoto, K. and Nagakubo, S. (2009): Risk factors of methane hydrate resource development in the concentrated zones distributed in the eastern Nankai Trough, Proceedings of EGU General Assembly 2009.
  • 横山幸也・斎藤秀樹 (2009): 海底における地層変形モニタリングシステムの開発, 地学雑誌, 118(5), 883-898.
  • 横山幸也・斎藤秀樹 (2008): 地層変形モニタリングシステムの開発, 海洋と生物, 30(4), 516-524.
  • 横山幸也・内山成和・太田賢治・高橋亨 (2003): メタンハイドレート資源開発に伴う地層変形モニタリング手法の研究, 平成15年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, 宇部, p.259-262.
  • Yokoyama, T., Saito, H. and Kameya, H.(2007): Seafloor Displacement Monitoring by Double Integral Technique Using Servo-accelerometer System, Proceedings of The Seventh (2007) ISOPE Ocean Mining Symposium,75-82.
  • 横山達也・斎藤秀樹・亀谷裕志・内山成和 (2008): サーボ型加速度計を用いた海底での地層変形モニタリングシステムの開発, 月刊『海洋』メタンハイドレート資源開発研究‐環境モニタリング技術‐, 40(2), 124-135.