メタンハイドレート研究の歴史

1810

(文化7年)

Davy, 塩素ハイドレート発見
1888

(明治21年)

Villard, メタンハイドレート報告
Page Top
1934(S9) Hammerschmidt,ハイドレート発生が、ガス輸送パイプラインの閉塞原因であることを発見
1965(S40) Makogon, シベリア永久凍土環境下の地層中でハイドレートが形成されることを実証
1970(S45) Markl他, 大西洋の Blake-Bahama Outer Ridgeの地震探査断面図に、海底面に並行で地層と斜交する反射波を発見し、“Reflector-Y”と仮称 (別の反射波を、Reflector-Xと命名したので、便宜的に “Y”が与えられたに過ぎず、“Y”に特別な意味はない)
1970(S45) DSDP(深海掘削計画) Leg-11 により、Reflector-Yを掘削 、コア採取(正式報告書は1972年刊行)
1971(S46) Stoll他, 上記DSDPで把握された、高速度異常を有するメタンガス含有堆積層の実体を解明すべく、合成ハイドレートで速度測定をした結果、この速度異常は堆積層中の天然ガスハイドレートによると推定
1972(S47) Hollister他, Reflector-Yの上位の、メタンガス大量含有堆積層の区間速度を検討、Stoll等の実験結果を踏まえ、Reflector-Yはハイドレートとその下位にあるガス層との境界に相当すると結論
1973(S48) Scholl他, Bering海の震探断面図に、海底面に並行で地層と斜交する反射波を発見、これを初めてBottom Simulating Reflector (「海底擬似反射面」、略称BSR) と命名 (BSRという言葉の誕生)DSDP Leg-19 でこれを掘削し、メタンガスが検知されず、その深度は珪藻に富む堆積物と泥岩との境界に相当したことから、BSRは珪藻の分解に関係する続成作用境界と解釈、“ハイドレート派”に再考を促す
1977(S52) Tucholke他, 北大西洋の震探で認識された、海底面に並行する反射波はガスとハイドレートの境界を示すとし、これをbottom simulating reflecting horizonと記述
1978(S53) Hein他, Bering海のコアを研究、海底面に並行する反射波 (BSR) は、オパール-Aが続成作用によりオパール-CTに転移した境界を示すと結論 (オパール の相転移とBSRの関係に言及した初の論文)
1979(S54) Shipley他, 中米沖の海底面に並行する“異常な”反射波の、反射係数、極性などから、これがガスハイドレートの基底であることを説明し、この反射波を“bottom-simulating reflection (Hollister,1972)”と引用(この論文にその言葉は見当たらず、引用は誤り、Bering海のBSRについての論文の引用にも誤りがあり、このShipleyの論文は画期的な内容を含むが、引用する場合は要注意)
1979(S54) 中米海溝のDSDP Leg-66で、初めてメタンハイドレートのコアを回収(Hole 490,491,492)
1980(S55) 青木他により、南海トラフ周辺海域でBSR発見の報告。これ以降、他の日本周辺海域でも、BSR発見の報告続く
1982(S57) 山野他により、BSRを使った地殻熱流量推定手法の報告
1989(H1) 奥尻海嶺でメタンハイドレートコア確認(ODP Leg-127 Site796)
1990(H2) 四国沖南海トラフでメタンハイドレートコア確認(ODP Leg-131 Site808)
1990年代

前半

(財)エネルギー総合工学研究所などで非在来型天然ガスの一つとして、メタンハイドレートの研究開始
1993(H5) 奥田により日本周辺海域のメタンハイドレート資源量試算
1994(H6) 「メタンハイドレート–21世紀の巨大天然ガス資源」(著者:松本良・奥田義久・青木豊、日経サイエンス社)出版(絶版)
1995(H7) 米国大西洋のBlake Ridge でODP Leg.164による掘削実施。
1995(H7)秋

2000(H12)秋

石油公団(TRC)を中心に民間10社で特別研究「メタンハイドレート開発技術研究」開始
1996(H8) 佐藤他から「日本周辺のメタンハイドレート資源量が年間天然ガス消費量より2桁程度大きい説」公表
1996(H8) メタンハイドレート探査を目的とした基礎物理探査「南海トラフ」・「オホーツク」実施
1997(H 9)

1999(H11)

NEDOで「ガスハイドレート資源化技術先導研究開発」実施
1998(H10) 日本・カナダ・米国の共同で、 Mackenzie Deltaにおいて、 メタンハイドレート層掘削(メタンハイドレート回収、掘削等技術の確認)
1998(H10)

10月

日本において、1998年Mackenzie Delta掘削に関する国際シンポジウム開催
1999(H11)

2000(H12)

基礎試錐「南海トラフ」掘削 コア取得・検層データからメタンハイドレートを東海沖でも確認 。掘削後の検討実施
Page Top
2000(H12)

6月

経済産業省にメタンハイドレート開発検討委員会(委員長 田中彰一東京大学名誉教授)設置
2001(H13) 基礎物理探査「東海沖~熊野灘」(二次元)実施
2001(H13)

7月

メタンハイドレート開発検討委員会、報告書「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」発表
2001(H13)

7月13日

経済産業省から「メタンハイドレート開発計画」発表
2001(H13)

12月20日

「メタンハイドレート資源開発」ワークショップ開催(於:石油公団TRC) 全体計画・「資源量評価」・「生産手法開発」・「環境影響評価」各グループ計画紹介
2001(H13)12月

2002(H14)4月

日本・カナダ・ドイツ・米国・インドの共同で カナダのMackenzie Deltaにおいて、第1回メタンハイドレート陸上産出試験(温水循環法)実施 。世界で初めてメタンハイドレート層からメタンガスの生産に成功
2002(H14)

3月20日

メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(通称:MH21)が石油公団、(独)産業技術総合研究所、(財)エンジニアリング振興協会の3者で発足(プロジェクトリーダー 田中彰一東京大学名誉教授)
2002(H14) 基礎物理探査「東海沖~熊野灘」(三次元)実施
2003(H15) 基礎試錐「佐渡沖南西」事前調査で海底面からメタンハイドレート回収
2003(H15)

12月

日本において、01/02年Mackenzie Delta第一回陸上産出試験に関する国際シンポジウム開催
2004(H16) 基礎試錐「東海沖~熊野灘」実施 。東海沖、第二渥美海丘、熊野灘の三海域でコア取得・検層データにより、メタンハイドレートを確認
2005(H17)

4月

京都議定書目標達成計画が閣議決定され、計画にメタンハイドレートにかかる技術開発の推進が記載される。
2007(H19)

3月

経済産業省から東部南海トラフでのメタンハイドレート原始資源量公表
2007(H19)

4月

日本・カナダの共同で、カナダのMackenzie Deltaにおいて、第2回メタンハイドレート陸上産出試験第1冬実施 (減圧法)。世界で初めて減圧法によりメタンハイドレート層からメタンガスの生産に成功。
2007(H19)

7月

海洋基本法施行
2008(H20)

3月

海洋基本計画閣議決定。メタンハイドレートに関して今後10年を目処に商業化を実現することを目標とすると記載
2008(H20)

3月10日

3月16日

日本・カナダの共同で、カナダのMackenzie Deltaにおいて、第2回メタンハイドレート陸上産出試験第2冬実施(減圧法)。世界で初めて減圧法によりメタンガスの連続生産に成功(6日間)
2008(H20)

6月7日

経済産業省は米国エネルギー省とメタンハイドレートの研究協力に関する協力意図表明文書( Statement of Intent )を締結
2009(H21)

3月24日

海洋基本計画に基づく、「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」が総合海洋政策本部会合(本部長=内閣総理大臣)にて策定
2009(H21)

3月31日

「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」フェーズ1終了
2009(H21)

4月1日

「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」フェーズ2開始。(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構、(独)産業技術総合研究所の2者で構成(プロジェクトリーダー 増田昌敬東京大学准教授)
2009(H21)

5月

「エネルギー革命 メタンハイドレート」(著者:松本良、飛鳥新社)出版
2009(H21)

7月31日

「日本周辺海域におけるメタンハイドレート起源BSR分布図」公表
2012(H24)

2月15日

3月26日

「第1回メタンハイドレート海洋産出試験事前掘削作業」